ためしてガッテン!ファンブログ

ためしてガッテンを毎週楽しみにしていますが、見逃してしまった時や内容を確認する時のためにためしてガッテンの放送内容をチェック、日々の生活に密着した食・健康・美容・住まいの裏ワザを公開しています

ガッテン!カビ退治!ついに終結宣言

きょうのガッテンはカビを根こそぎ落とし二度と生やさない!

アメリカ・ルイジアナ州を襲ったカトリーナ
嵐が過ぎたあとに町を襲ったのがカビ。
そこで立ち上がった男たちはある方法でカビを撲滅した。
その方法とは。


カビ退治!終結宣言

・仰天!家中カビだらけ一発で根こそぎ退治

スタジオトーク立川志の輔は「きょう本当にカビとはケリをつけます」と話した。
宮本亜門は「沖縄はカビが凄い。
10日間でベルトも靴も真っ白になる」などと話した。
アメリカではカトリーナ後、家でカビが大繁殖。
ベンチャー企業がある方法でカビを退治した。
スタジオにカビが登場。
立川志の輔はそのカビをスプーンですくって食べてしまった。

・カビの知られざるパワー 脅威の生命力の秘密。

富山・南砺市でカビを売っているお店を訪れた。
このお店は代々、カビの胞子を売っていた。
麹はカビの力で作られている。
カビの胞子はとんでもない生命力もちぬしだという。
米にカビの胞子をまき、温度と湿度を調整した。
すると1日でカビがぎっしり生えてきた。

・仰天!家中カビだらけ一発で根こそぎ退治

カビ胞子は種麹とも呼ばれていて、作っているところは日本全国でも10軒程度しかないという。
このカビは良いカビだと説明した。
本日のメーンの敵のカビがスタジオに登場。
このカビは村上の座っている席に置いていただけだという。
家庭の空気中には1立法メートルあたりのカビ胞子量は、およそ300個から500個飛んでいるという。
カビの原点はおよそ4億年前のプロトタキシーテスである。


・カビ取り剤を使っても!増殖するカビ 本当の原因

ペルー出身のミュージシャン、ニコラス・クエヤル・ラミレスは23年前に日本にやってきた。
ニコラスは日本が好きだが、どうしてもカビだけは耐えられないという。
ペルーではカビなどはめったに見かけることはない。
ニコラスは徹底的にカビ退治を始めた。
カビ取り剤は塩素の力でカビを分解して殺す。
最初は綺麗になるが少し経つとカビが復活してしまった。


スタジオに浴室の模型が現れ、村上や大島らがカビ取りに挑戦した。
3人のカビ取りを見て、カビの専門家、高鳥浩介さんは「これはカビが生える環境づくりを逆にしている」と話した。


風呂場のゴムパッキンと同じ素材で作った2枚の板を作り、密閉できる容器にいれカビの胞子をまいた。
1週間後、右の板だけにカビが生えた。
本来ゴムパッキンの上は、つるつる、胞子がついても簡単に洗い流す事ができる。
しかしゴシゴシこすってしまうと、パッキンにミクロの傷ができそこへ、カビの胞子が入ってしまう。
パッキンの傷はカビが成長するための絶好の環境だった。
ゴシゴシこすった繰り返しがどんなことをもたらすか紹介した。
その断面をみると、カビとり剤が届かないところでカビが繁殖していた。
カビ退治でご市議そするのは厳禁である。


アメリカ仰天ワザ究極のカビ退治法

アメリカのベンチャー企業が生み出した究極のカビ退治を紹介した。テレビとパソコンを毛布で覆う、その後、巨大なホースを持ち込む。ここでホースから何を出したという問題が出た。


鳥取大学乾燥地研究センターでゴムパッキンの中に入り込んだカビを徹底に乾燥させる実験をした。
湿度1%で1日たち、東京で1週間放置したら、カビはみるみるうちに増えていった。
ならば今度は凍らせ東京で1週間放置した。
それでもカビはどんどん増えていった。


・仰天!家中カビだらけ一発で根こそぎ退治

牧陽一さんはアメリカで行なわれたカビ撃退の方法で見事、カビ撃退に成功した。
牧さんはメロン農家をやっている。
16年前メロンが枯れてしまった、原因は土の中にいたカビであった。
牧陽一さんは80度のお湯をかけ、土の中にいたカビを撃退した。
先ほどの問題の正解は「65度の熱風」であった。


・50℃シャワーで根こそぎ!超カンタン カビ撃退法

高鳥浩介先生がスタジオに登場しカビ退治の方法を紹介した。
シャーレにカビの胞子をつけ実験をした。
50度のシャワーを5秒間当てればカビは死滅する。
パッキンの奥に入り込んでいるカビは50℃で90秒で死滅する。
1週間に1回50℃シャワーで撃退すればいいという。


カビが生えた所に50℃のお湯を90秒かける、どんなに頑固なカビもこれで死ぬが、カビは死んでも黒い色はそのままなので、その後、カビ取り剤を使う。
その時にこするのは絶対にNG。
その後、1週間に1回50℃のお湯を5秒あてると2度とカビは生えてこない。


高鳥浩介はカビについてトークした。

高鳥浩介は「50℃のお湯を5秒間当てる、これだけやれば後もカビは生えてこない」と話した。
カビ退治は50℃のお湯を90秒。カビ予防は1週間に1回50℃のお湯を5秒。
お酢を薄めて使うとかえってカビの栄養になってしまう。


・危険!お風呂の天井カビ カンタン対策法

お風呂の天井カビの撃退法を紹介した。
お風呂の天井カビは消毒用のアルコールをつけた掃除用のワイパーで月に1回拭けばカビを繁殖するのを防いでくれる。


宮本亜門は「これで良かったです 沖縄の別宅、譲らなくて住めるし」と話した。
すると立川志の輔は「亜門さん気づいてないんですよね、1週間に1度沖縄に戻らないといけないんでしょ?」とつっこんだ。

・お得情報

家の中でカビ対策が重要な場所がある、それがエアコン。
冷房を使うとエアコンの内部は結露してほっておくとカビが発生してしまう。
冷房後1時間ほど送風運転をすることでカビの繁殖を防いでくれる。